競馬

ブックメーカー【サウジカップ2022】気になる出走馬の詳細は?各社最新オッズを徹底比較!!

日に日に暖かくなってきて、競馬シーズン到来を予感させる今日この頃。バタバタとすることが多い日々ですが、競馬ファンにとっては新しくサウジアラビアの季節が到来しました。

というのも昨年から、サウジCという国際G1レースが新設。レース当日はサウジCデーと銘打たれ、1日に8つの競走が行われるという何とも華やかな1日が新たに誕生。ドバイワールドCをもしのぐ世界中の競馬ファンの注目を一身に集めると言っても過言ではありません。

サウジカップ2022の概要

タイトル サウジカップ2022の見どころ
格付 G1
開催国(競馬場) サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場
性齢 北半球産馬4歳以上および南半球産馬3歳以上
コース 1,800m(ダ)
賞金 1着本賞金:約11億円

そんなサウジCデーの最大のメーンとなっているのがサウジC。サウジアラビアのキング・アブドゥルアズィーズ競馬場で2月26日に行われるダート1800mの国際G1レースです。

サウジカップの歴史

もともと中近東の国の競馬と言えばドバイがその覇権をすべて担っていましたが、近年は諸国も立ち上がり、今はサウジアラビアもそんな熱に押されるかのように競馬ブームが到来。1965年にリヤドのマラット地区に建設されたマラト競馬場の評判が芳しくなかったことで2003年にアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ殿下(後の第6代アブドゥッラー国王陛下)の指示の下に、リヤド・ジャナドリーヤに移転建て替えられ、首都・リヤドにあるキング・アブドゥルアズィーズ競馬場が完成しました。

1周約2000mという広大なレイアウトを誇るオールウェザーコースで、内側にはダートコースが配置。今年に入ってから新たに1周1800mの芝コースも新設され、国際レースへ対応するように図りました。

なんといってもサウジCが開催前から騒がれているのがその賞金額。賞金総額はなんと2000万ドル(約22億万円)、1着馬には1000万ドル(約11億円)、5着馬でも1億1000万円とG1勝ちクラスの金額が手にできます。フェブラリーSが昨年から寂しいメンバー構成になったのはここに照準を合わせた馬が何頭かいたためと予想されます。

そして驚くのは渡航費やスタッフの滞在費などをすべてサウジアラビア側が持つという太っ腹ぶり。ドバイWCでもここまでの大盤振る舞いはしていないだけに遠征する側には大分緩いというメリットがあります。

昨年、日本からはチュウワウィザードが出走しましたが、惜しくも9着に敗れてしまいました。

サウジカップ2022の最新ブックメーカーオッズ

 サウジカップ2022のオッズが発表されている、ブックメーカーの一覧になります。

bet365

 

ウィリアムヒル

 

1Xbet

 

サウジカップ2022の見どころ

 

【最新】おすすめブックメーカーランキング

ブックメーカージャパンでは、日本人でも安心してプレイできる海外スポーツベッティングサイトをランキング形式で厳選して紹介しています。

また、人気スポーツの最新予想やブックメーカーの稼げる投資法など、初心者から上級者まで楽しめるコンテンツを用意しています。

さらに、ブックメーカーの特徴、始め方や登録方法、入出金のやり方まで詳しく解説していますので、初めての方は最新の「ランキングページ」で今日本でもっとも熱いブックメーカーをチェックしてみてください!